ジブラルタ生命の保険よりもあなたに合った保険を無料で見つける裏技!

今にも、将来にも、優しい保険に
保険見直し相談 >> ジブラルタ生命の口コミ・評判

ジブラルタ生命の保険よりも貴方に合った保険を無料で見つける裏技を公開!<保険無料相談>

ジブラルタ生命の保険の口コミ・評判まとめ

ジブラルタ生命は、2000年10月に破綻した協栄生命を米国のプルデンシャルフィナンシャルグループが買収し、事業継承のために設立した保険会社です。

協栄生命が教職員団体や商工会と多くの提携関係を持っていたことから、ジブラルタ生命になってからも共済制度の引受を存続させており、自衛官にも多くの顧客を持つなど、優良な顧客層を背景に、破綻生保のなかでは唯一順調に業績を改善させることに成功した保険会社です。

プルデンシャル・ファイナンシャルは、2011年の2月に米国AIGグループからAIGスター生命とAIGエジソン生命を買収しました。これによって、ジブラルタ生命とは2012年1月にAIGスター生命とAIGエジソン生命を合併し、新生ジブラルタ生命保険が発足しました。



理想の保険商品を無料で見つけたい人は必見!



口コミ・評判まとめの続き

バブル崩壊以降に破綻して外資系となった保険会社は、プルデンシャルやソニー、アリコといった「破綻生保系ではない」外資系生保会社とは、また違った特色を持ちます。

それは外資系特有のコンサルティング提案の教育を受けながらも、会社から強いプレッシャーをかけられることから、旧来の日本社らしい契約至上主義に走らざるを得ないといった点です。

保険自体は自在性の高い、コンサルティング提案しやすいものになっているのですが、外資系と言われながらも、セールス自体は旧来の大手生保と、あまり変わらないといった面があります。

そんななかでもプルデンシャル生命が順調に推移できた理由のひとつに、協栄生命時代から、教職員などの公務員に多くの顧客を有していたということは大きいと言えるでしょう。

ジブラルタ生命は、対面による個別設計を行っていて、大手生保のアカウント型保険や定期付終身保険の見直し提案を得意とします。

これらの更新型の保険を見なおしてみたいと考えている方は、相談先のひとつとして話を聞いてみるのも良いのではないでしょうか。
(ただし、共済や団体加入でなければ、保険料はやや高めです)



「通貨指定型個人年金保険」への見直し

「通貨指定型個人年金保険」は、「外貨建てで資産運用」をして「年金支払期間」(据置期間)終了後に、年金を支払ってくれる「個人年金保険」です。通貨は「米ドル」「ユーロ」「豪ドル」「円」から...