実際に保険相談したリアルな感想
保険見直し相談 >> 保険の種類

保険の種類

定期保険というと、「定期」とあるように期間が定められている保険です。自分で決めた期間内に亡くなった場合には死亡保険金が下りるという仕組みの保険です...


一生涯の保障をする保険で、契約したらその人が亡くなるまで解約をしない限りは一生涯保障が続く保険です。終身保険は掛け捨てというわけではないので、解約返戻金があります。死亡の場合には必ず保険金が受け取れるようになっているので、貯蓄性も高くなっています...


定期保険は「掛け捨て」で、終身保険は貯蓄も出来る保険でしたね。この二つの保険を組み合わせたのが定期付終身保険です。終身保険は保険料も定期保険に比べると高く、また定期保険は一定の期間しか保障がなく掛け捨てであるという両者のデメリット部分を補う保険です...


アカウント型保険とは、自由設計型保険という言い方もあり、保障機能と貯蓄機能をくっつけた保険です。一部の保険会社では定期付終身保険に代わり販売されています...


養老保険は決められた保険期間に死亡した場合は死亡保険、また、期間が満了になった場合に生存していれば死亡保険金と同じ金額の満期保険金が支払われる保険です。そのことから生死混合保険とも呼ばれています。貯蓄性、積立性のある保険なのです...


介護保険には公的介護保険と民間介護保険があります。公的介護保険は2000年の4月に導入された社会保険制度で、40歳以上の人全員が加入しなければなりません...


医療保険というと、病気や怪我で入院をした場合や、手術を受けた場合に健康保険、国民健康保険、共済保険などの社会保険により診察を受けられたりする公的医療保険と、その補助的な役割を果たす民間の保険会社の医療保険があります...


日本では死因の第一位を占めているのがガンです。およそ3割の人がガンで亡くなっているのです。ガン保険はガンになった場合に保険金を受け取ることが出来る保険です...


死亡・高度障害保険に加え、ガンや脳卒中、急性心筋梗塞で所定の状態に陥った場合死亡保険と同じ額の三大疾病保険が下りるという保険が三大疾病保障保険というものです...


変額保険の場合、払い込んだ保険料のうち、積立部分を株式や債券などで運用し、その運用実績に応じて保険金や解約返戻金が増減します...


変額年金保険とは、払込保険料の中から諸費用などを差し引いた積立部分を株式や債券などで運用し、その運用実績に応じて受け取る年金額、または解約返戻金が増減するという個人年金保険のことです...


公的年金だけでの老後生活に不安を感じている人が多く加入しているのが個人年金保険です。個人年金保険は契約時に予め定めた年齢から一定の期間または一生涯にわたって年金が受け取れるという仕組みの保険会社の商品です...


子供の将来の教育資金のための保険が学資保険といわれるものです。終身保険や養老保険などの死亡保険等と同じように生命保険として分類されています...


こども保険は、被保険者を子供としている保険の総称のことをいいます。親が子供の教育資金などを積み立てることを目的とした「学資保険」や、子供の怪我や病気を保障する「子供向けの医療保険」などを含みます...


保険料、保険金などが日本の円以外の海外通貨、いわゆる外貨建てとなっている保険のことを外貨立て保険といいます...


保険相談業者の
口コミ・評判・体験談

Q&A

各保険会社の口コミ・評判まとめ

関連タグ

ホリエモン ファイナンシャルプランナー 相談窓口 FP 比較 女性 相談センター シュミレーション アドバイザーズ 受付 無料 申込み